2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表 vs ウクライナ

日本時間 2005年 10月12日 

ウクライナ国内のキエフで日本代表 対 ウクライナ代表の試合がありました

■試合前日の練習風景
1012so02.jpg

今回も私が見た感想を書いてみます
詳しくは【全文を表示】にて
結果を知らない方はスルーして下さいね。


まずは、日本代表のスタメンを

【GK】 川口能活
【DF】 三都主アレサンドロ 茂庭照幸 坪井慶介 駒野友一
【MF】 稲本潤一 中田浩二 中田英寿 中村俊輔
【FW】 高原直泰 柳沢敦

日本のシステムは、中盤をダイヤモンド型(菱型)に配置する4-4-2

天候は雨 気温10度 風もありかなり肌寒いようです
雨は降っていますが、ピッチに水は浮かんではいません。

ウクライナのエース、シェフチェンコは前日に高熱を出したと言うことでベンチにも入っていません。見たかった~(oT-T)/

ウクライナの選手は、平均身長が日本より高く厄介そうな印象
システムは3-5-2、かなり積極的にサイドの選手が攻撃参加してきます。


【前半】
ボールキープはずっと、ウクライナ有利で進んでいきます。

ウクライナは大型選手が多いのに、足元のテクニックがしっかりしていて、ボールを少ないタッチで回すので日本のプレスが掛からず、かなり苦しい展開。
流石は欧州予選を一番に勝ち抜いてきたチーム、私が想像していたよりずっと強い印象でした。
ラトビアとは違ってウクライナは、ボールをキープしつつ空いたサイドを使ってサイド攻撃を多用する戦術です。
一言で言えば日本がしたいサッカーを向こうにやられてました。

対する日本は、ボールを取っても中々サイドの選手が上がらず、良い形の攻撃ができません。
前回の反省もあって、少し慎重な戦いかたを選択しているのかもしれません。

もうひとつ気になったのが、ラトビア人の主審のジャッジが、どうもはっきりしない点です。

贔屓目なしで見ても、日本に厳しい判定が多い気がします。

結局拮抗した戦いのまま0対0で前半を終了
日本はチャンスの数こそ少ないですが、相手にも決定的なチャンスを作らせなかったし、それほど悲観する内容ではなかったと思います。

日本の選手の中で目立ったのが、やはりというか中田英寿選手でした
KPhotoNormal20051013030_l.jpg

運動量にキャプテンシー、相手からボールを奪う能力、ボールキープ力どれも光っていました。


【後半】
日本は後半始まる前に高原→鈴木に選手交代します。

依然ボールキープはウクライナが有利で試合が展開していきます。

嫌な流れの中、後半8分に・・・

中田浩二が後ろからのタックルで一発レッドカード! 退場に

KPhotoNormal20051013027_l.jpg

この判定は、どの主審でもレッドを出すような反則でした。
雨で勢いが着きすぎたのもあるでしょうが、不用意なファールでしたね

もともとウクライナの方が、力が上なのにこれでさらに苦しくなります。

この事態に日本ベンチは柳沢選手に変えて、初代表のDF箕輪選手を入れて3-5-1にします。
ワントップの形となった鈴木選手は、一人で突破できるタイプの選手でない為に、日本はボールを奪っても有効な攻撃ができません。

後半20分過ぎに日本は、三都主→村井 中村→松井 と交代させます。
中村選手は、前日発熱したらしく、動きに精彩がありませんでした。

この交代で、少し日本にリズムが生まれ、カウンターから何度かチャンスを作りますが、得点を決めるまでにはいきません。

30分にウクライナの猛攻が続き、3連続でシュートを打たれます。

コーナーポスト直撃! ピンチ ∑(´□`;)

ですが、運も味方してか、点は入りませんでした。
何度か決定的な場面のシュートを、枠外に蹴り出してしまう所も日本と良く似てる (ノ∀` )
シェフチェンコがいたら、もっと早くに失点していたかもしれません、日本は。

緊迫した試合は、このままで引き分けるのかと思い始めた後半43分
日本ゴール前で、CKの競り合いの中からPKを取られます。

ビデオでの映像見てみると、なぜこれが反則なの?Щ(`д´Щ)

というのが素直な印象・・・・
KPhotoNormal20051013021_l.jpg

ファールを取られたのは箕輪選手、国際経験のなさがここで悪い方にでたのかもしれません・・・
相手選手に旨く演技されたって感じでした。

このPKを決められて、残念ながら勝負決まりました。

結局 0 対 1 で負けました ( -_-)



【総括】
判定に疑問を持ってもしかたないことなんですが、あの主審は明らかにウクライナ寄りの判定をしていました。
もし公平なジャッジをしたと、あの主審が言い張るなら・・・

国際審判の技術はアリマセン パスを取り直して下さい。

KPhotoNormal20051013028_l.jpg

私が今まで見てきた、審判のなかでもかなり酷い審判でした ( -_-)

これ以外では
日本が今回試した菱形の中盤は、あまり機能しなかったですね。
これを機能させるには、ワンボランチの選手が物凄く重要になってきます。
現状では中田英寿か、福西選手ぐらいしかできないと思う。

それと菱形の左右のポジションには、自分で突破できる選手でないとキツイ印象です。
せめて片側の選手は、この条件に当てはまる選手でないと機能しないでしょう。

試合終わってのスタッツが
シュート数 ウ15本 対 日4本 
CKが ウ6 対 日3

この数字を見るだけでも、どれだけ攻められたか分かります。

逆をいえば、これだけのチャンスを決めれなかったウクライナとも言えますが。

中田浩二選手が退場するまでは、緊迫したいい試合だったのに、あの退場で全てのプランが崩れました。非常に残念です。

正直ウクライナがここまで良いチームとは、思いませんでした。
これは本大会でも、台風の目になるかもしれません。
ひょっとすると、ドイツより強いかも・・・(ノ∀` )

日本は、本大会前にいい経験をしたと思います! (前向きにねw (´∀`)b



後日衝撃的な情報が・・・・・

なんと・・・・

ウクライナは・・・・・・・

先発メンバーの内、9人が控え選手 ∑(´□`;)

2軍相手に苦戦したのか・・・_| ̄|○ ガクッ

いや世界は広い・・・ (;´д`)トホホ

詳しい試合内容はコチラ
スポンサーサイト

コメント

今回もレポートありがとーございました(*`・ω・)ゝ
風邪っぴきで結局見られなかったので大変参考になりました!

>ウクライナは・・・・・・・
>先発メンバーの内、9人が控え選手 ∑(´□`;)

うはぁ ∑(´□`;)
現状日本と世界との一番大きな差は、こーいう層の厚さかもしれませんね。
欧州って(たぶん南米もだろうけど)やっぱり代表より下のクラスもきちんと育てる地盤が日本とは比べものにもならないくらいしっかりしてるんだと思います。
JFA!がんばってくれー!!!!

見てました・・・FFしながら ヽ(´ー`)ノ
そして 叫びましたよ・・・・・

「今のが なんでファールなんだぁぁぁっっっ!!」
「こらぁっ!主審出て来いぃぃぃっっっ!!!」
私の声は届かなかったみたいです・・残念です・・ヽ(´ー`)ノ

コメントありがとう \(^▽^)/

◆みやさん
体調崩されているようですが、大丈夫ですか?
しっかり休養とって、養生して下さいね^^

そうなんですよね~^^;
層の厚さは凄く感じます
とびぬけて旨い選手はいないけど、平均的に皆旨いって印象がありますね^^
皆止める、蹴る、走るの基本がしっかりしています
でも日本だって、10年前に比べたら格段の進歩してますよ♪
ユース世代の育成や選手の発掘など、それなりの成果は出せていると思います。
これからが楽しみですね (´∀`)b

◆小花さん
あはははw叫びましたかw
私も叫びましたw心の中で何度主審に【/slap】したことかw
私の声も届きませんでした (ノ∀` )

今度は日本でリベンジしたいですよねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuesuto.blog22.fc2.com/tb.php/37-de71ae78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kuesuto

Author:kuesuto

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。