2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビスブロ王国物語 第2部

今回、ビスブロ企画の主催者さしゅさんのリレー小説に参加させて頂きました。 (=´∇`=)

ビスブロ王国物語の第二部です。

まだ一部を読まれてない方は、是非第一部をお読みになって見てください。

詳しくは、さしゅさんの所をご覧になって下さいね。




ヴァナディールにある盗賊がいた、名前はクエスト。
盗賊ギルドの長から【探求】という名前を付けられた彼は、日々漠然とした何かを探して生きていた。それが何かは解らずに・・・・

彼は少数の仲間以外とは関わりを持たずに生きていた。
それが誇りでもあったし、少しも疑問に思っていなかった。

そんな彼の元に驚くべき情報が届いた。
このヴァナよりも広い大陸が存在するという噂である!!
人一倍好奇心旺盛な彼は、この噂のことが脳裏から離れなかった。

そして彼はついに決意する。
【噂が本当かどうか確かめてやる!】
そう一大決心した彼は、未知なる大陸へと旅立って行ったのだった。


そのブログと呼ばれる大陸は驚くほど身近に存在した、今まで知らなかったのが不思議に思えるほどの距離であった。
ブログにたどり着いた彼は、早速色々な国の見聞を始めた。

衝撃だった、噂は本当だったのである。
そこはヴァナとは比べ物にならないほどの広さを持ち、多種多様の国が存在した。
ある一定のルールの下でそれぞれが作られていて、自由で個性的な文化があった。

不思議とここでなら、今まで抱いていた漠然とした何かが解る気がした彼は、暫くここに滞在することを決意する。

見よう見まねで自分の城を作りだす彼。
作っては壊し、壊しては作る。今まで人の目を気にすることがなかった彼は、それがすごく新鮮で楽しいものに感じられた。
そうして彼は城作りに没頭していった。

建物の土台が完成したある日に、隣国から手紙が届く。
驚いて読んで見る彼、そこにはこの城作りの励ましや、いずれこの城に遊びに来たいといった内容が書かれてあった。
また手紙までは出さなくても、近くで見守ってくれる人達の存在を感じた彼は、体中に温かくなるものを感じずにはいられなかった。

それまで戦うことしかしてこなかった彼にとって、この気持ちは感じたことはなかった新たな感覚だった。


時は流れ


今では一国の王となった彼は、この土地にきてから感じたことを冷静になって考えていた。

言葉や写真などで感じることのできるその国の個性、とても温かい。
自分が一人でないと知ったときの安心感、安らぎ。
人と人、国と国、文化と文化がリンクする喜び。
自分の知らなかった情報、考え方、センスに触れる驚き。

時に笑い、感動し、泣き、そしてぶつかり合う時もあるブログという土地・・・


すべてが  生きている  だから  温かい


その考えにたどり着いた彼は、心の中でなにか大きなものが崩れ落ちる感じがした。
【そうか・・・俺はこれをずっと探していたのか・・・】 【/grin】



そう彼は帰るべきを見つけたのだ・・・・・・・



第二部完



追記

クエストは、引越し準備の為ヴァナにある自宅に来ていた。

【モグ】 ご主人様・・・・・

【クエ】 ごめんよ
     ボクには帰る場所があるんだ
     分かってくれるよね
     モグにはいつでも会えるから










【モグ】 枯れ枯れクポ・・・・(○´ω`○)
【クエ】 (゚口゚;)うっ・・・・・



ここまで読んで下さった方有難う御座います。 m( __ __ )m
生まれて初めて小説まがいなものを書いてみました。
いや~やっぱりムズイっすね^^;
ほとんど小説というより、リアルで考えてることそのまま載せたみたいな感じになってしまいました。
自分なりに一生懸命書いたつもりです。
皆様の心の中に、何か一つでも届いたら幸せです。
追記のやり取りは某アニメのワンシーンをもじったものです^^;
これが分かる方は、きっと私とかなり話が会いますよw
反響よければまた書いてみたいと思います。
最後にこのきっかけを下さった、さしゅ様有難う御座います。 m( __ __ )m
また面白い企画あれば是非参加させて下さい。
私もかまってほしいと思ってる一人ですのでw
スポンサーサイト

コメント

リレー参加,ありがとうございます!!

ほんとに文章が達者ですね~。
楽しませていただきました♪
端々に気配りが感じられて,気持ちが自然に伝わってきました!

SSが掲載される日を心待ちにしておりますです。
http://sash.blog7.fc2.com/blog-entry-43.html

はじめまして~( ゚∀゚)ノ
さしゅさんのところから早速リレー小説拝見しにきました!
なんかさしゅさんのリンク計画でいろんな人のブログを知ったときの自分の気持ちも思い出して「うんうん」とうなずかせていただきながら読みました^^
これからもブログつくり、楽しんでいきましょー♪

コメントありがとうです~ (=´∇`=)

さしゅさん>
ご指摘頂いてタイトルを変更しました。
よく考えたら3部に続きにくい終わりになったかも  (T_T)

この小説を書けたのはさしゅさんの物語を読んだおかげですよ♪
みなさんそれぞれのブログを国にみたてて、そこを旅する。
みなそれぞれの個性があり、そこが楽しい。
非常に面白かったです!
私のは、さしゅさんの小説に自分なりのアレンジを加えたにすぎません (=´∇`=)

みやぴんさん>
はじめまして~ ('∇^d)
共感していただいて感謝感激です!
これからもちょくちょく遊びに行きますね~ヽ( ´ ▽ ` )ノ

こんばんはぁ~♪

小説読ませていただきました~。
ステキなお話でした~!

試行錯誤を繰り返してだんだん出来上がっていく自分のお城。
そこから生まれる新たな出会い。

自分がブログというものを作り始めた時のことと重ねあわせながら
楽しく読ませて頂きました♪

makizoさん読んでいただいき、有難う御座います  (=´∇`=)
自分も今だから、これが書けたのかなって思います。
初めてコメント頂いたあの喜びは、これからもずっと忘れないと思います。
本当、皆様に感謝感謝です!

はじめまして^^

さしゅさんのところからやって来ました♪
小説読ませていただきましたが、
その時の気持ちが伝わってくる、とっても素敵なお話でした^^

初めまして~Ayasaさん (=´∇`=)
読んで頂いて有難う御座います。
駄文ですがAyasaさんの心に、なにかしら届いたみたいでクエは幸せです。
これからもよろしくです。 こちらからも遊びにいきますね~♪

素直な文章で、汚れきったオレの心も少し洗われたよーな・・・いやいやw
クエストくんの小説楽しみに待ってるね(*´∇`*)

ヒーホーさん読んでいただいて、有難う御座います~ (≧∇≦)
なんのヒネリもオチもない小説ですが、自分なりに頑張りました。
次回作もできれば書いてみようと思ってます。
ヒーホーさんも是非!
一度に長編でなくても、短編を続けていくってのはどうでしょう?^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuesuto.blog22.fc2.com/tb.php/6-5cfc3658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

kuesuto

Author:kuesuto

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。